エムアンドエーパーク

M&Aについて
o7kj25kpbj56ixyocfcg_320_400-7d7b4663.jpg

企業にとってのM&Aと不動産投資の違いについて理解しよう

まず考え付く手段は、不動産を直接購入して手にいれる事です。
一方他のやり方もあります。それは、別の企業をM&Aをするというやり方です。
今日はこの両者の違いについて解説します。

M&Aと不動産投資の違い
企業が不動産を取得するのと、M&Aで不動産を取得するのってどう違うんでしょうか。
ある企業が更なる発展のために、工場を新設することになったとします。
この際に、まず必要となるのは、工場を建てるための土地です。そして、その土地に工場を建てるとことになります。気に入った土地に、最新の設備を入れるなど好きな建物を建てる事ができるので、自社にとってベストな工場を建設できますが、デメリットもあります。
デメリットとは、時間が犠牲になると言う事です。土地を探して、設備などを選んで工場を新設することになりますので、工場が出来上がるまでに時間がかかってしまいますよね。
結果的に工場の稼働による企業業績貢献は、かなり先になってしまいます。

一方、M&Aを考えてみましょう。
すでに、同業態の工場を保有している企業ごとM&Aをしてしまうというやり方です。

M&Aをすることで、現在稼働中の工場をそのまま手にすることになります。結果、すぐに業績に貢献することができます。M&Aをするには、資金が必要となりますが、その分業績貢献までのスピードを上げることができるわけですね。
これがM&Aと不動産投資との違いと言えるでしょう。
利益をあげるまでの時間を短縮したい企業にとってはM&Aも選択肢になりうるということです。

M&Aをする意味とは?
前述のとおり、M&Aをすることで業績貢献までのスピードを上げる事ができます。
では業績貢献のスピード以外に、M&Aをする意味はあるのでしょうか?
それは、リソースを有効活用できるという点です。再度、前述の工場で考えてみましょう。自社で土地を買って工場を建設したとします。これで工場は出来上がりましたが、まだこの工場を稼働させることはできません。
理由は、工場で働いてもらう従業員が不足しているためです。
確かに不動産を取得するのと同じくらい人材の採用にも時間がかかります。もちろん、現在の自社の人的リソースの中で、現在の事業に影響なく別の工場に移せる人員がいれば問題ありませんが、簡単なことではありませんよね。自社の人的リソースを避けない場合は、新たに採用して教育をする必要があります。さらに稼働までの時間がかかりますし、採用・教育のコストが必要となります。M&Aをすれば、現在稼働中の工場がそのまま手に入るわけなので、買収先の従業員もそのまま手に入れることできます。もちろん、管理者の派遣など人的リソースを使うことが0になるわけではありません。
しかしながら、M&Aをすることで、有限である自社の人的リソースをそれほど使わないで済みますよね。新たな工場からの業績貢献を期待できると言う事です。人的リソースは内部だけではありません。外部のリソースに関しても目を向けてみましょう。

例えば、ビジネスをしていくうえで、サプライヤーとの付き合いは重要です。取引先を新しく開拓するのって時間もかかるし、信頼関係を構築するのは時間がかかります。すでに同業種の工場を保有している場合などは、同じサプライヤーかもしれません。
その場合は、以前よりも同一サプライヤーへ大量発注をすることが可能です。結果、現在よりも仕入れコストを下げる事が期待できます。買収先の工場だけでなく、自社の仕入れコストも下げる事が期待できるのは、M&Aにしかできない事と言えるでしょう。自社が同業種の工場を保有していない場合、買収した工場が付き合っている外部のサプライヤーは自社にとって新たな関係会社と言えるでしょう。こうした外部の業者とのコネクションが手に入るわけです。

この様に単純に不動産を購入するのと異なり、M&Aはより自社のビジネスに密接に関係することになるのです。

終わりに
他社から不動産を購入して手に入れる事と比較して、業績貢献へのスピードや内部・外部問わずリソースを有効活用できるなど本業との関係性が強いM&A。
これからもM&Aのニュースを耳にする機会が増える事が予想されますが、企業の本業への影響などに注目してみてはいかがでしょうか?

みんなからのコメント

ログインが必要です

トラックバック

ログインが必要です

 

プロフィール

M&A PARK
最終ログイン

カレンダー

2020/8
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アーカイブ

最新のコメント

最新のコメントはありません

最新のトラックバック

トラックバックはありません

アクセスカウンター

21
今日のアクセス
166
昨日のアクセス
69034
総アクセス数
ページ先頭へ戻る

読み込み中です